new 新着情報 シンガポールの最新情報は マンゴスティンクラブWEB

 で。 暮らしの情報、映画、イベント、観光情報満載です。

下記をクリック



ホーム < 香港、タイ、マレーシア就職              
                                                                                                               Go to English Home

南国にスケートリンク オープン

カジノや劇場などのアトラクションが続々と完成してるマリーナベイ サンズに新たに加わったのは、なんとスケートリンク。 最新技術の特殊樹脂を使用した氷を使用してないのに普通のアイスリンクと変わらないそうです。 寒くないスケートリンクって想像できませんが。。


スケートリンクの詳細は シンンガポール情報WEB 
www.mangosteen.com.sg  をご参照下さい。

(雑談)
南国のタイにもスケートリンクはありますが 氷を使用しないというのが最新技術好きの
シンガポールらしいですね。

15 October  2010

居酒屋チェーン和民(ワタミ)3号店 オープン

日本でお馴染みの居酒屋チェーン和民(ワタミ)がラッフルズシティーに3号店をオープン。


(雑談)
オープンしたての頃に何度か行ってみましたがいつもシンガポール人や日本人の若い女性グループがたくさんいました。あっという間にもう3号店オープンですね。 来月にはビシャン駅前のJunction8に4号店がオープン予定だそうです。 
シドニーにも進出してくれれば思いますが無理でしょうね(残念)。 



マリーナベイ サンズ ホテル、 57階にプール

カジノに隣接して2,500室のマリーナベイ サンズ ホテルがついにオープンしました。話題なのは
57階の屋上に出来たスカイガーデンとプール。
シンガポールの新しいランドマークとなりました。

(雑談)
またまたユニークなホテルがシンガポールに出来ました。 屋上のプールも話題ですがグルメな方には世界中から6人のセレブシェフを集めた6つのレストランが人気です。 オーストラリアで有名な日本人シェフ 和久田哲也氏のレストラン Waku Ghinも出来ました。これらを含めホテル内には合計50箇所のレストランがあり世界中の料理が楽しめるそうです。
ここに行くとシドニーのカジノが本当に小さく感じます。

ホテルを上空からみると。。

これが話題の57階のスカイプール
 


 
ITへの取り組みシンガポールは世界第2位
 
1日付けのビジネス誌 Asia Xによると世界経済フオ-ラム(WEF,本部ジュネーブ)
は、競争力の向上に」向けた各国での情報通信技術(ICT)への取り組み、活用の度合いを分析した2009 ~2010版「グローバルIT報告書」を公表した。シンガポールは政府果たす役割などが評価され、前回の4位2位に躍進した。
1位はスウエーデンで前回1位のデンマークは3位。4位以下はスイス、米国、フインランド、カナダ、香港、オランダ、ノルウエーで、 アジア太平洋地域のほかの国では 、台湾が11位、韓国が15位にランクされた。 日本は21位。
今回の報告書は113ケ国、地域が対象。ICTを利用出来る環境がどの程度整っているかを、規制を含めたインフラ環境、産官学の準備状況、実際の地用状況の3つの面から調べ、ネットワーク化準備度数(NRI)としてまとめた。
 
(雑談)
さすがIT先進国を目指してるシンガポールですね。 それにしてもIT後進国のオーストラリアのインターネット環境がもう少し良くならないかと感じます。

 
パルコシンガポール 3号店 オープン
 
25日付けのビジネスタイム(シンガポール経済紙)によると、(株)パルコの100%子会社パルコシンガポール社はシンガポール3号店となる パルコマリーナベイ店を3月31日オープンすると発表した。 ミレニアウオークの一区画に出店、ターゲット客は20代~30代の女性客及び観光客で少し上質な商品やサービスの提供を目指す予定。1階はファッション、コスメ、雑貨 2階はレディスファッションと PARCO next NEXTが出店する。3階には シンガポール初出店のラーメン店「けいすけ」や新潟、長野の寿司店「富寿司」が出店する。

(雑談)
10年ほど前にブギスに1号店開店、その後2号店が大成功でついに3号店開店。 やはり景気の良いシンガポールならではのニュースです。




 
シンガポール拠点の銀行、人材採用積極化
 
1日付けのビジネスタイム(シンガポール経済紙)によると、シンガポールに拠点を置く銀行が行員採用や他行からの引き抜きを積極的に’行ってる。 シンガポール最大手のDBS銀行は500名を増員する予定。 イギリスの大手銀行 HSBCシンガポールは200名の増員予定で既に3分の1を確保。 他ではオーストラリアの大手銀行 ANZやイギリス大手のスタンダードチャータード銀行も増員中。 ANZは過去1年間で 400名だったシンンガポール支店の行員を803名まで倍増した。
 
(雑談)
皆様に紹介出来る各銀行の日本部門の増員予定はまだ発表されてませんが いち早く経済立て直しに成功したシンガポール経済。 まず銀行の増員発表は良いニュースです。日本部門の増員ニュースは入り次第お伝えいたします。
 
 

 
シンガポールの12月製造業生産 前年比増大
 
シンガポール経済開発局(EDB)が26日発表した2009年12月度の製造業生産高は
前年比で14.4%増加した。 特に電子部品部門は需要が回復し前年比57.3%の増加となった。 他部門では化学部門が27.7%増、 特殊化学部門は72.7%と大幅に増加した。 医療機器部門は22.4%増加したが バイオメディカル部門は13.3%減少した。 
 
(雑談)
世界同時不況からいち早く立ち直りつつあるシンガポール経済。 製造業の総トータルで前年比
14.4%増は立ち直りを表してる。
 

シンガポールで最初のカジノオープン
 
シンガポール南部のセントーサ島にシンガポール最初のカジノリゾートが20日(水)オープン。
今回オープンしたカジノは マレーシア企業のゲンティンが4000億円を投じて整備する予定。
今回4棟のホテルも同時オープンした。今後カジノの隣に米テーマパーク「ユニバーサル スタジオ シンガポール」や水族館もオープン予定。 もう一つ米ラスベガス企業サンズが4800億円を投じて建設中のカジノは開業が4月の予定。 こちらも大型カジノで カジノに隣接する55階建てホテル3棟の屋上(地上200メートル)部分をつないだ空中庭園や美術館が目玉。
 
(雑談)
巨大なカジノが2ケ所もほぼ同時にオープン予定。  アジア地域には マカオ、マレーシア、オーストラリア、NZにカジノ施設がありますが今回の2つのカジノはどちらもシドニーのカジノの5倍以上の大きさ。さすが大きな事が好きなシンガポール政府。
 
 
 
ヤマト運輸、シンガポールで「宅急便」開始
 
ヤマトホールディングスは1月8日 日本と同様のサービスの 宅急便 (英語名 TA .Q .BIN)
をシンガポールで開始した。 海外展開は台湾に続き2ケ所目。 日本では当たり前の宅配便サービスは海外では無いサービス。 シンガポールでは日本同様の 配達時間指定サービス、
不在時の再配達、冷蔵、冷凍輸送の「クール便」も開始との事。
 
(雑談)
オーストラリアで何時来るのか全く当てにならないデリバリーを待った経験皆さんありますよね。。
良心的なデリバリー会社では(IKEAなどの。。)最近午前、午後の配送指定は出来るようになりました。普通はまだまだ一日待ってても来ないので電話すると今日は行けないので明日になると言われる事がよくあります。 弊社のシンガポール就職プログラムで ヤマト運輸シンガポールで活躍されてる女性がいらっしゃいます。  ヤマト運輸シンガポールさん 宅急便ビジネス拡大期待してます。